接尾語 食べ物・飲み物

日本語「○○酒」→韓国語「○○ジュ(주)」

【語呂合わせ】酒はジュースみたいなもんだ!

日本語で「○○(しゅ)」は韓国語で「○○ジュ(주)です。

韓国人はお酒に強いので、度数が弱いと酒じゃない!ジュースだ!と言うからです。

ネイティブの発音

※○○酒=○○주[ジュ]:1番上の(しゅう)(주:ジュ)の発音ボタンを押してください。発音が同じなので参考にしてください。

【発音】パッチムがあるとチュになる

ちなみに、これは「○○酒」というように、葡萄(포도:ポドジュ)や果物(과일:クァイルチュ)のように何かの言葉に付けて使います。

ビールは맥(メチュ)と言いますが、漢字では「麦」です。

あれ?ジュースの「ジュ(주)」って言ったじゃん!「チュ」って何よ?!!と思いますよね。

実は「ジュ」は正確には「ヂュ」と書いた方がわかりやすいんですが、パッチム*が前にあると点々がなくなって「チュ」に変わることがあるんです。

日本語でも「勉強部屋」って「べんきょうや」じゃなくて「べんきょうや」って言いますよね。

これ、けっこう外国人は習う時、混乱します。

韓国語も同じで、ネイティブは勝手にしてるんですが、勉強する側としては混乱します。

ただ、そこまで神経質*にならなくても大丈夫です。

わかパン
果物酒は과일쭈(クァイルチュ)だよね。あれ…과일주(クァイルジュ)だっけな?どっちかな…
わかパン
単語だけで言うと「과일쭈(クァイルチュ)」な気がするんだけど、文章を作って言うと「과일주(クァイルジュ)」の方が自然に感じるんだよね

韓国人はいちいちパッチムがどうのこうのではなく、舌や唇の動きで勝手にそうなっているという感覚です。

※もちろん知っているのは大事なのですが、日本で勉強している人から「こういうのが難しくて喋れない」という相談を受けたことがあります。喋れなくなるほどなら、もったいないので考えずに、そうなんだ~くらいでOKです。

※すべてのパッチムではありません。

【お酒事情】お酒の度数もお酒の席も減った韓国

2002年にこんぶパンが韓国に留学した時、飲み会はいつもロックの焼酎(今もですが…)でした。

こんぶパンはお酒に強くないので、酎ハイっぽいのないかな~?と思うと、メニューに「과일(クァイルチュ:果物)」というものが!

味は酎ハイにとても似ていて、果物のエキスと焼酎を混ぜたような味です。

ところが!

いつも果物酒を頼むと、韓国人の友達は「こんなのお酒じゃないよ!ジュースだよ!」と言って笑っていました。

今は、韓国人も昔ほどお酒を飲まないので、焼酎も以前より度数が低いものが販売され、お酒の席自体も減りました。

焼酎で言うと…

・1996年は25度

・2006年は20度

・2018年は17.2度

と言う具合にです。

それでも、今でもお酒に強い人はたくさんいて、「お酒じゃない!ジュースだ!」と言う韓国人はいます…が、昔と違うところは強要をしなくなったことでしょうか。

みんながみんなジュースだと感じられませんもんね。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-接尾語, 食べ物・飲み物

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン