名詞 食べ物・飲み物

日本語「バナナ」→韓国語「バナナ(바나나)」【自己紹介はバナナのアクセントで】

【語呂合わせ】バナナはバナナ

日本語で「バナナ」は韓国語で「バナナ(바나나)」です。

語呂になってない?!

いえいえ、これはアクセントを覚える語呂なんです。

(※韓国語のアクセントについてはこちら。)

皮が左右にあって、真ん中が飛び出ていますね。

これは韓国語の「バナ」のアクセントのイメージです。

韓国語のバナナは音階で言うなら、「ドド」のように、真ん中の音が高いんです。

です。

日本語は「ドド」と最初の音が高くて、後は下がります。

ナナ

ですね。

実際にネイティブの発音を聞くとわかりやすいですよ。↓

ネイティブの発音

※バナナ=바나나[バナナ]

自己紹介する時はバナナのアクセントで言うと通じやすい

このバナナのアクセントは、実は日本人の名前にも関係します。

韓国人の友達がいる人で、自分の名前が3文字の人は「バナ」みたいに呼ばれませんか?

たとえば、イチローは「イロ」です。

※伸ばし棒で4文字とも考えられますが、韓国語では伸ばす音はカウントしないので、3文字です。

これはバナナと同じアクセントの決まりなんですが、ほとんどの日本人の3文字の名前の人は、真ん中が高くなるように呼ばれます。

自分の名前が3文字で、韓国人に自己紹介する時は、「バナ」のように言うと通じやすいですよ。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-名詞, 食べ物・飲み物

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン