食べ物・飲み物

日本語「弁当」→韓国語「年楽(도시락)」

弁当は(とし)(らく)(도시락)

日本語で「弁当」は韓国語で「年楽(としらく)(도시락)」です。

お弁当作りは年寄りの弁当が一番楽だからです。

ご飯と、煮しめくらいでいいからです。

日本ではキャラ弁とか大変そうです。

ちなみに、これは↑今この語呂を書いている横で、こんぶパンの姉が子供の弁当の準備をしています。

午前1時。

スケッチをし、おめめとか鼻とかの海苔をちっちゃなハサミで切っています。

戌年だから、犬らしいです。

すごい…
でも、姉曰く「こんなの大したことないから、恥ずかしいから載せないで」と…

韓国に行ったらプロ級だと思う…。
※発音「도시락[トシラク]」。

韓国のお弁当はどんな年でも楽(도시락)

韓国は日本に比べれば単品が多い感じです。

カラフルに色々入れたりせず、海苔巻きだけとか、たくさんのタッパーにおかずを何種類か入れてきて食べる感じです。

これは↓ぱんパンの保育園で遠足があった時の写真です。

どんな感じかわかりますよね?

ぽんぽんって入れて終わりです。

もう少し大きくなると、箸も使えるのでおかずとかも入れたりはしますが、でもほぼこんな感じです。

ちなみに、ぱんパンは一番左で、丸いおにぎりを6個くらい入れて持たせたら、さすがに少なすぎると先生から言われました。

韓国風に作ってみたのですが、品は少なくても量はたっぷり入れないといけないようです。

ところで品数が少なくて大丈夫?と思いますが…

韓国では友達同士でもおかずとかをよく交換して食べるので、1品だけ持って行っても栄養が偏らないです。

韓国のお弁当はどんな年でも楽です。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-食べ物・飲み物

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン