人・体 名詞

日本語「お母さん」→韓国語「お馬(엄마)」【オンマとオモニの違い】

スポンサーリンク

日本語で「お母さん」は韓国語で「(うま)(엄마)」と言います。

【覚え方】語呂合わせ「お母さんはお馬」

お母さんがお馬になって子供の面倒をみているところです。

こんぶパンの子どものぱんパンも、毎日「オンマ」「オンマ」と言っていますが、本当に「お馬」とも聞こえるくらい馬にさせられます。

オンマなのか、お馬なのか…

ネイティブの発音

※お母さん=엄마[オンマ]

【似た言葉】オンマ(엄마)とオモニ(어머니)の違い

お母さんを意味するオンマ(엄마)のほかに、オモニ(어머니)も聞いたことがあると思います。

ざっくりシンプルに言うと、オンマはお母さんで、オモニは母です。

「お母さ~ん」と呼ぶときは「オンマ~」と呼んで、誰かに「私の母です」と紹介したりする時は「オモニ」をよく使います。

ただ、日本語ではお母さんを「母~」と呼ぶことはないですが、韓国語でオモニは呼ぶ時も使えます。

正確に言えば、オモニは母ともお母さんとも訳せます。

例をあげた方がわかりやすいと思うので…

たとえば、夫のわかパンは自分の母親を「オンマ~」と呼んではいますが、会社の人などに紹介するときは「オモニです」というふうに紹介します。

また、仲のいい友達とお母さんの話をする時は、「オンマがね~」と話をしますが、会社の人とお母さんの話をするときは「オモニが昨日…」みたいに話します。

オモニは公式的な場所や目上の人の前でよく使います。

もちろん、人によってはお母さんを「オモニ」と呼ぶ人もいるし、友達と話をする時も「オモニが…」と話をする人もいます。

それは人によって違うんですが、ざっと感覚で言うと、わかパンのように使い分けている人が多い印象です。

ただ、おもしろいことにお父さんは違って…

オンマ[엄마]⇔アッパ[아빠]

オモニ[어머니]⇔アボジ[아버지]

という関係なので、「オンマ」と言う時にお父さんのことは「アッパ」と言うように思いますが、実際には「オンマ」と「アボジ」のペアを使う人がかなりいます。

こんぶパンの友達だけでみるとそのペアで使う人が一番多い気がします。

韓国人の友達に聞いてみると、「お母さんは気楽にオンマって言えるけど、お父さんの方は何かアボジになっちゃう…」と言っていました。

わかパンはお母さんは「オンマ」、お父さんは「アッパ」と呼びはしますが、お母さんには3割くらいの敬語、お父さんには6割くらいの敬語で話します。

何かそうなるらしいです。

ちなみに、韓国では親に対しては敬語を使います。

完全に敬語の人もいるし、まぜまぜな敬語を使う人などその程度は人によって違います。

※まぜまぜな敬語と言うのは、「~だよね」と言ったり「~です」と言ったり混ぜながら話すということです。わかパンの何割の敬語というのも、そういう意味です。

ネイティブの発音

※母・お母さん=어머니[オモニ]

 

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-人・体, 名詞

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン