動詞 動詞요体 名詞

日本語「違いが出る」→韓国語「チャイナ(차이 나)」

【語呂合わせ】チャイナとは違いが出る

日本語で「違いが出る」は韓国語で「チャイナ(차이 나)」です。

日本製のカメラと中国製のカメラを見て、違いが出るな~と思っているところです。

チャイ(차이)と言うのは日本語で「違い」、ナ(나)は「出る」です。

【チャイナ(차이 나)を分解すると…】

●차이[チャイ]=違い

●나[ナ]=出る

「차이」と「나」の間を少しあけているのは、分解してわかるように、一つの単語ではないため分かち書き(띄어쓰기)をしないといけないからです。

中国のチャイナも同じ発音ですが、この場合は分かち書きはしません。

【2つのチャイナの分かち書き】

●違いが出る=차이 나

●チャイナ(CHINA)=차이나

ちなみに、「チャイナ(차이 나)」というのは会話の時によく使います。

もっときちんと言うなら「違い出る」と言うように、「차이 나다」と「が(가)」を入れて言います。

ネイティブの発音

※違い=차이[チャイ]

違い(차이)の語呂

※出る=나다[ナダ]:辞書に載っている形

【漫画】チャイナ違い

夜、旅行番組を見る夫わかパン。

こんぶパンは育児で忙しいので、耳だけで聞いてました。

ずっと「チャイナ」と聞こえてきてたので、てっきり中国旅行の回かと思ったら…

オーストラリアでした。

韓国語でも中国を「チャイナ(CHINA:차이나)」と言うときはありますが、普通は「중국[チュング]」と言います。

でも、この時は中国の旅行番組か~と思ってしまいました。

【使い方】比べる時に「チャイナ(차이 나)」は使う

わかパンの見ていた番組は「バトルトリップ(배틀트립)」という旅行番組で…

日本で言うなら「どっちの料理ショー」的な、旅行先を競う番組です。

例えば、「オーストラリア対ニュージーランド」みたいな感じで、芸能人が旅行をして紹介し、最後に「どっち?」みたいな感じです…

比べる番組なので、ずっと日本語で「違いが出る」という意味の「チャイナ(차이 나)」を連発していたようです。

【使用例】「チャイナ(차이 나)」の使い方

例えば、こんな感じの時に使います。

成田から韓国に行くチケットが2万円で、羽田からが4万円だったら…

使う空港によってチケット代に違いが出ますよね。

そんな比べる時「チャイナ(차이 나)」を使います。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-動詞, 動詞요体, 名詞

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン