あいさつ・あいづち エッセイ語呂

(電話を切る時の)じゃ~ね=ん~(응~)

電話を切るとき

ー日本ではー

こんな感じ

ー韓国ではー

違うのか…

これも違うのか…

(「あんにょん」は友達同士での挨拶です。「あんにょんはせよ」の友達言葉です。)

切れた…。

電話を切るときには、韓国語で「ん~」と言います。

日本では「じゃ~ね~」とか「またね~」とか言う時に、韓国語では「ん~」と言います。

これ、知ってないとなかなか切れなくて困ります。

こんぶパンも電話を切ろうとするたびに、何といって言いかわからず色々試していましたが、いつも違和感がありました。

そして、ある時…

「ん~」の存在に気づきました。

この時の「ん~」は困っているわけではなく、受け入れられてる・守られている感のある「ん~」です(こんぶパンの感覚では)。

電話の内容がよくなかったり、喧嘩したりしていたとしても、最後に「ん~」と言って切られると、ちょっと嬉しくなります。

※「ん~」は目上の人には使いません。目上の人への電話の切り方の挨拶は色々ありますが、「トゥロガセヨ~(들어가세요)」(直訳は「入ってください」。家に帰るときなどに使う挨拶。)などをよく使います。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-あいさつ・あいづち, エッセイ語呂

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン