名詞 食べ物・飲み物

日本語「ビール」→韓国語「目ちゅ(맥주)」【韓国人夫が驚いた日本のビール文化】

【語呂合わせ】ビールを飲んで目にちゅ♡

日本語で「ビール」は韓国語で「目ちゅ(맥주)」です。

ビールって度数が低いので、酔ってもほろ酔いくらいですよね。

泥酔したら口にちゅっ♡としちゃうかもしれませんが、ビールでは目にちゅ♡くらいです。

だから、ビールは目ちゅです。

発音は少し弾ませて「めっちゅ」と言うと自然です。

ネイティブの発音

※ビール=맥주[メチュ]

※発音表記:맥쭈

※漢字では「麦酒」と書きます。

【文化】韓国人夫が驚いた日本のビール文化

夫のわかパンが日本にまず来てびっくりしていたのが、日本と韓国のビール文化の違いです。

どんなことに驚いたかわかりますか?

1.スーパーに並ぶビールの豊富さに驚く

まずは、スーパーにたくさん並ぶ数えきれないほどの種類に驚いていました。

韓国では「CASS(カス)」か「HITE(ハイトゥ)」が代表的で、あとは輸入ビールが人気です。

そのため、たくさんのビールの種類にびっくりして、あれもこれもと買っては飲み比べていました。

2.贈答用のビールの箱を見て驚く

次に贈答用コーナーに置いてあるビールです。

「ビールをプレゼントするなんて韓国では考えられない!」

「韓国ならシャンプーとかハムとか油とかかな~。でもビールなんてないよ!!不思議~!!」

お中元でビールをもらったり贈ったりしますよね。

それを毎回見ては驚いています。

3.一口サイズの缶ビールに驚く

こんぶパンの祖母は135mlの一口サイズのビールが大好きでした。

それを見て、「何でこんなに小さいの~!?」

「なんでわざわざこんな小さいの作るの~!?」

と驚きっぱなしでした。

お土産に1つ買って帰っていましたが、飲まずに大事に飾ってあります。

4.夕食時のビールに驚く

わかパンがこんぶパンの実家に来ると、毎晩母や父から夕食時にビールをすすめられます。

それにちょっと驚くようです(毎晩というのが←こんぶパン家はよく飲む方ではないのですが、お客さんなのですすめているのです)。

そして、「ビール飲むからご飯はいらない」とか。

「ご飯は後で」とか言いますよね。

その当たり前のような習慣的な流れに驚きます。

何回かそんな経験をした後、「日本では夕食にビールっていうのは習慣みたいなもんなんだね」と言っていました。

韓国でも夕食時にビールを飲まないわけではありませんが、日本ほど習慣的に飲むことは少ない気がします。

こんぶパン
今まで日本に何回も行ってるけど、どんなところに一番違いを感じた?
わかパン
ビール…

思う以上に、日本と韓国のビール文化の違いは印象的なようです。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-名詞, 食べ物・飲み物

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン