あいさつ・あいづち エッセイ語呂 動作・行動 文法がわかる 食べ物・飲み物

(青のり)ついてるよ=今日言った(껴있다)

韓国の友達は鏡

ーご飯を食べた後ー

ー久しぶりに会うとー

ー学校ですれ違うとー

日本語で青のりとか歯に「ついてるよ」って言いますね。それを韓国語では「今日言った(껴있다)」と言います。

「今日言った(껴있다)」というのは直訳すると「挟まっている」です。

なので、上の絵だとよだれはこの表現はできないのですが、歯に挟まった唐辛子の粉や目やになどは言えます。

とにかく何が言いたいかと言うと、韓国人は顔についてるものをすぐに言ってくれます。

鏡がいらないくらいです。

こう見ると私がいつも汚いという感じにも見えますが、人間、たまにはこういうことってあると思うんです。

そのたまにを、すべて教えてくれるんです。

日本でも友達は言ってくれるかもしれませんが、韓国では異性であっても言ってくれるので、日本とはまたちょっと違う感じです。

日本では知らないふりしたり、見ないふりしたりする時もあると思うんですが、韓国ではそうすると逆に後から怒られる感じです。

何で言ってくれなかったの!と。

※「今日言った」の「今日」を短く言って、「きょいった」と言うとよりネイティブ風です。

 

こんぶパンは無頓着?

色んな物の中でも、特に韓国では「唐辛子粉」が歯についてると、教えてくれます。

日本でいうなら「青のり」みたいな存在です。

韓国料理のほとんどに入っているといっても過言じゃないのが、この「唐辛子粉」です。

でも、青のり同様、かなりの確率で歯に挟まります。

  

私は韓国に来た当初、唐辛子粉が歯につくのはそんなに気にしていませんでした。

なぜなら、歯ぐきも赤いし、唐辛子粉も赤いし、と思っていたからです。

例えば、歯にご飯が挟まっていても、そこまで気にならないのと同じです。

でも、青のりは違います!緑ですから…。

そんなわけで、私があまり気にしないのを見ると、韓国人の友達は私のことを無頓着だな~と言っていました。

日本の青のりと韓国の唐辛子粉

ところがです!

韓国では日本のお好み焼きやたこ焼きが人気です。

そこで、作ってあげることにしました。

私は青のりが歯についてないか、ずっと気にしていたのですが、韓国人の友達はそんなこと気にしてません。

日本のような青のりは韓国にはないので、それを珍しがっていました。

そして、思いました…。

やっぱり、これは無頓着とかじゃない!

「生活感」だと。

韓国では「唐辛子粉」というのは生活感溢れるものです。でも、緑の青のりはそうじゃないです。

緑の粉が挟まることって、韓国ではあまりないですから。

日本人の私もそうです。赤い粉って日本では非日常だと思うんです。

というのが私の考えですが、それでも私が本当に無頓着だからなんでしょうか?

ともあれ、韓国に行った時には「唐辛子粉」がついている友達がいたら「今日言った(껴있다)」と教えてあげるといいですね。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-あいさつ・あいづち, エッセイ語呂, 動作・行動, 文法がわかる, 食べ物・飲み物

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン