人・体 名詞 病院・症状・生理現象

日本語「看護師」→韓国語「可能さ(간호사)」【韓国ではナースコールを鳴らしてはいけない】

【語呂合わせ】看護師は何でも可能さ!

日本語で「看護師」は韓国語で「可能さ(간호사)」です。

看護師さんは本当に何でも献身的にしてくれます。

検温に注射に点滴に、「何でも可能さ!」です。

ネイティブの発音

※看護師=간호사[カノサ]

【韓国の病院】韓国ではナースコールは緊急時に鳴らす

この指印のところ、これが韓国のナースコールです。

先日、生まれて2か月の「ぱん子」が韓国の病院に入院した時に写したベッドの写真です。

ナースコールを拡大すると、これです。

4泊5日入院しましたが、1回も鳴らすことはありませんでした。

韓国の病院に何回か付き添いで入院したことがありますが、ナースコールを鳴らしたことも、鳴らした人を見たこともありません。

韓国では看護師さんを呼びに行くときには、直接ナースセンターに言って呼ぶか、通りかかった看護師さんを呼び止めるかします。

何か押してはいけない雰囲気が漂っていたので、いつも押していなかったのですが、ずっと「では、いつナースコールを押すのか?」と気になっていて、今回勇気をもって(?)聞いてみると…

「緊急の時押してください」とのことでした。

なるほど…、そうだったのかと思ったのでした。

【韓国の病院】韓国には看病人という職業がある

では、動けない人はどうするのか?と思いますよね。

付き添いがいなければ、自分で看護師さんを呼びにいかないといけないわけですから…

韓国では付き添いをする人がいない場合は「看病人(간병인)」という人を頼みます。

1日何時間するかとか、何をするか(おしもの世話などすると高かったり)色々ですが、1日5万ウォンから8万くらい(約5千円から8千円)です。

韓国は看護師さんの数が足りず大忙しなため、付き添いや看病人という人がお世話をしないとやっていけません。

そのため、ナースコールを誰でもかれでも押してしまうと回らなくなります。

韓国の看護師さんも「何でも可能さ!」ですが、韓国で入院した時は緊急時のみナースコールを押しましょう。

ちなみに韓国では「ナースコール」とは言わず、今回の病院では「응급벨[ウングベル:応急ベル]」と呼んでいました。

こんぶパン
韓国でナースコールって何て言うの?
わかパン
さぁ…비상벨[非常-:ビサンベ]とか호출벨[呼出-:ホチュ]って言うのかな。人によって違うと思うよ。

どうも、韓国では一般的に使われていないので、日本の「ナースコール」というように誰でも知っている言葉があるわけではなさそうです。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-人・体, 名詞, 病院・症状・生理現象

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン