名詞 曜日・時間・数

日本語「年号(元号)」→韓国語「世の(연호)」【韓国にも年号がある】

【語呂合わせ】この世の年号

日本語で「年号」は韓国語で「世の(연호)」です。

年号ってこの世の年を表しますよね。

だから、世の年号です。

年号に括弧で元号と書きましたが、厳密には年号と元号って違うらしいですね。

ただ、韓国語で「元号(월호)」という言葉もないことはないですが(誰でも知っている言葉ではないです)、一般的には日本の元号のことは「年号(연호)」と言うので「年号」の訳にしました。

ややこしくてわかりにくいですが、日本の昭和、平成、そして昨日発表された新元号の令和などを韓国語では「年号」という言葉で表すという意味です。

こんぶパン
「연호」に似た言葉で「월호」も使う?
わかパン
「월호??」何それ

ということで、日本の新元号のニュースでは直訳で「월호[元号]」が使われたり、他には専門的な文章で「월호[元号]」出てきたりする程度です。

ネイティブの発音

※年号=연호[ヨノ、ヨンホ]

ヨノにもヨンホにも聞こえます。ㅎの弱音化というもののためです。

【韓国文化】韓国にも年号がある

韓国は2019年というような西暦を使います。

でも、実は日本のような平成、令和にあたるものもあります。

それが「檀君紀元(단군기원)」と言われるものです。

「令和」の意味が何なんだろうと思ったように、この「檀君紀元」も何なんだろうと思いますよね。

韓国には君神話という建国神話がありますが、簡単に言うと檀君という王様が韓国を作ったという神話です。

その君という王様が即位して国を作ってから、今まで何年という時に、「檀君紀元〇〇年」と言います。

長いので普通、略して「紀〇〇年」と言います。

ちなみに2019年は4352年です。

西暦に2333年を足すと、紀〇年がわかります。

ただ、韓国人に今年は紀何年?と聞いても、誰も答えられないと思います(檀紀という言葉や意味は知っています)。

日常では使いませんが、新聞の日付の上に紀何年と書いてあったりします。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-名詞, 曜日・時間・数

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン