ハングルを覚える

韓国語(ハングル)「ㅜ」→日本語「う(u)」

「ㅜ」はティーバックをはいて、「う~!(u)」

韓国語(ハングル)の「」は日本語の「う(u)」です。

「ㅜ」はティーバックみたいですよね。

リオのカーニバルってティーバックをはいて「う~!(u)」なんて言うイメージです。

他にも、TWICE(トゥワイス)のティーティーポーズを知っている人は、こんな覚え方も。

ㅜㅜこんなふうに、泣いている絵のポーズです。

これは韓国ではメールなどを送る時に、ハングルの「ㅜ」を押して泣いているように表すからです。

だから、「ㅜ」は「う(u)」るうる泣くという風に覚えてもいいかもしれません。

ネイティブの発音

「ㅜ」の練習

こんな風に読みます。

①「무」は「む」と読みます。

「ㅁ」は「m」、「ㅜ」は「u」。

つまり、「무」は「mu」となります。

だから、「무」は「む(mu)」と読みます。

②「누」は「ぬ」と読みます。

「ㄴ」は「n」、「ㅜ」は「u」。

つまり、「누」は「nu」となります。

だから、「누」は「ぬ(nu)」と読みます。

③「우」は「う」と読みます。

「o」はゼロと思ったらいいです。

特に音がないと思ってください。

それに「ㅜ」、つまり「u」がついています。

だから、「우」は「う(u)」と読みます。

※普通、「ㅜ」を単独で使うことはなく、「우」と書いて「う」と読みます。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-ハングルを覚える

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン