ハングルを覚える

ハングル「ㄴ」→ノーズの「n」【ハングルを覚える:子音ㄴ】

ハングルの「」は「n」です。

【覚え方】「ㄴ」は鼻みたいだから、ノーズの「n」

「ㄴ」は外国人の高い鼻みたいです。

だから、「ノーズ(nose)」の「n」です。

「ㄴ」はハングルの子音のうちの1つです。

子音はローマ字で書いた時の左側で、母音というのは右側です。

<子音と母音の見分け方>

たとえば、「ナ」は「na」と書きます。

この時、「n」は子音、「a」は母音となります。

ハングルの場合、「ナ」は「나」と書きます。

すると、「ㄴ」は子音、「ㅏ」は母音です。

※参考:「ㅏ」の覚え方

【発音のコツ】「ㄴ」は「ナニヌネノ」

「ㄴ」の発音は日本人にはそこまで難しくない発音です。

1.パッチムじゃない「ㄴ」:日本語の「ナニヌネノ」と同じ

パッチムじゃない時の「ㄴ」は日本語の「ナニヌネノ」と同じ発音です。

「나」は「ナ」、「니」は「ニ」という風に日本語と同じように言えばOKです。

2.パッチム「ㄴ」:日本語の「ン」、舌を上の歯の裏につける

パッチムでも「ㄴ」があるときがあります。

これは、日本語では「ン」に当たります。

たとえば、「난」は「ナン」、「닌」なら「ニン」です。

でも、もう少し正確に言うと「舌を上の歯の裏につけて」音を止めるという意味です。

日本語の「ン」には舌が上の歯の裏につかないものもあります。

たとえば「かんぺき(完璧)」と言ってみてください。

「ん」の時に舌は上の歯の裏についていませんよね?

だから、パッチムの「ㄴ」がある時は意識をして、舌を上の歯の裏につけることのがポイントです。

 

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-ハングルを覚える

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン