動作・行動

日本語「弾く」→韓国語「血だ(치다)」

ギターを弾いて指が血だらけに…血だ(치다)

日本語で「()」は韓国語で「()だ(치다)」です。

ギターなど楽器を弾くときの「()く」を韓国語では「()だ(치다)」と言います。

ピアノを弾くときも「血だ(치다)」を使います。

その他にも、韓国語ではホームランを打つという時も、「打つ」に当たる部分は「血だ(치다)」を使います。

というのも「弾く」というとイメージがつかないと思いますが、「血だ[치다]」というのは元々「叩く」とか「打つ」という意味だからです。

ギターや鍵盤も叩くイメージなので、そういう楽器を弾くという時に「血だ(치다)」を使い、ホームランなどボールを打つ時にも「血だ(치다)」を使います。

何をするにも血だらけになるほど、弾いたり打ったりすればうまくなるでしょうね。

ネイティブの発音

※弾く=치다[チダ]

例文)ギターを弾く=기타를 치다

ピアノを弾く=피아노를 치다

※打つ=치다[チダ]

例文)ホームランを打つ=홈런을 치다

テニスをする=테니스를 치다

:テニスボールを打つという意味で「テニスを打つ」と表現します

アジア大会の金メダルと軍隊免除

ホームランを打つが「血だ[치다]」で、ひとつ昨日の出来事が思い出されました。

昨日はアジア大会の野球の決勝戦でした。

ちょうどその時間、外食していたのですが、そこのお店でもテレビで決勝戦をやっていました。

相手が日本ということもあり、みんな興味津々で観ているのかな~と思ったら…

あまり興味なさそう。

そして夫のわかパンが「韓国はプロだからね~。しかも、金メダル取れば軍隊免除だから。それしか考えてないようでカッコ悪いよ。だからみんな興味ないよ」と教えてくれました。

韓国ではアジア大会で金メダルを取れば兵役が免除されるので、そのためにメンバーを構成しているという話でした。

隣の席のお客さんも興味なさそう…

プロ選手になるまでボールを打って打って、血だらけでがんばってきただろうに、韓国の選手も大変だな~と思った夕食時間でした。

ちなみに、韓国ではアジア大会では金メダルだけですが、オリンピックでは銅メダル以上から兵役が免除されます。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-動作・行動

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン