エッセイ語呂 動作・行動 文法がわかる

置いといて=納豆(놔둬)

聞き間違い

ースーパーでー

スーパーにわかパンと一緒に行ったときのことです。

買い物を終えて、車のところまで持って行こうとすると、わかパンは「納豆~」と一言。

わかパンは納豆が好きなので、一瞬、買ってないけど…と思ったら、「置いといて」という意味でした。

「置いといて」は韓国語で「納豆(놔둬)」です。

ちなみに、本当の食べる納豆は、キムチが日本でキムチと呼ばれるように、韓国でも「納豆(나또)」と呼ばれてます。

考えることは同じ

この一件の後、わかパンに確認してみました。

「置いといて」と「納豆」って同じ発音のようです。

スペルは違いますが、同じように聞こえるようです。

その数日後…

テレビでお笑い芸人が「納豆なっと~(納豆置いといて~)」というギャグを言っていました。

やっぱり、同じように聞こえるようです。

そして、考えることは同じようです…。

置いとくもの・持ってくもの

ー日本の実家でー

私は10年前くらいまでは納豆を韓国に持って行っていました。

でも、最近は韓国にも売れているので持っていきません。

ちょっと高めですが…

こんな感じで何個も入ってセットになってます。

1つにすると100~150円くらいです。

日本だと3個で100円くらいなので、3倍くらいです。

大量に買って冷凍庫に入れて、食べる前日の夜に冷蔵庫に入れるとちょうどよく食べられます。

でも、日本の納豆に比べ匂いが少なく粘りもあまりありません。

そのため物足りない感じがして、そんなにおいしくありません。

ー日本に置いとくものー

10年前までは持っていっていたけど、最近は置いとくものは…
みそです。

最近は韓国でも安く手に入るので、韓国で買います。

みそは重いので、韓国で買えて嬉しいです。

みそにはこだわりがないので、十分美味しいです。

ビールやお酒もお土産に持って行ってましたが、最近は韓国ではどこのスーパーに行ってもあるので、あまり珍しさがなく買って帰らなくなりました。

重いし、税関など数に制限があるので、最近ではわかパンに頼まれても断ることが多いです。

10年前はかつお節を持って帰っていましたが、半年分や1年分のかつお節など持って帰れないので、だしの素の大箱を持って行っていました。

でも、だしの素も最近では韓国で手に入るので持って行きません。

ー持ってくものー

逆に必ず持ってくものは、ハブラシです。

韓国のハブラシは頭(ヘッド)の部分が日本の2倍くらいの大きさです。

大きすぎて奥まで届かないので、これは必ず持って行きます。

わさびも持って行きます。

最近、韓国でも日本のわさびが売れていますが、私の好みがあるのでこれは持って行きます。

私はソウルではなく、海の近くに住んでいるので、さしみをよく食べる機会があるのですが、わさびがまずいのでこれは必需品です。

さしみ醤油ももちろん持って行きます。

釜山の方では刺身屋さんで、日本のさしみ醤油を置いているところもありますが、普通は置いてません。

そして、刺身屋さんの醤油は水で薄めたような醤油なので、刺身に水をつけて食べているようで、これは必ず持って帰ります。

ー持っていきたいけど、置いとくものー

油揚げは本当にすごい食べ物です。

これ一つで味噌汁の味も、その他いろんな料理の味も変わるのに…

持って行けないのが残念です。

前は冷凍して持って行っていましたが、味がかなり変わるのでやめました。

韓国にも、「いなり寿司を作るキット」のような感じで油あげが売れていますが、味も違うしおいしくないし使えません。

いつか油揚げも「納豆(놔둬:置いといて)」になる日がくるとうれしいです。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-エッセイ語呂, 動作・行動, 文法がわかる

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン