その他

日本語「必ず」→韓国語「コック(꼭)」

テレビをつけると必ずコック(꼭)が

日本語で「必ず」は韓国語で「コック(꼭)」です。

最近、と言っても数年たちますが、韓国でテレビをつけると必ずコック(꼭)が出てきます。

料理番組はもちろん、それ以外のバラエティー番組などでも、必ずコック(꼭)が出てきます。

それくらい必ずコック(꼭)が出れば視聴率も上がる、そんな必ずコック(꼭)の時代です。

(※最近はややおさまった感はあります。)

日本では料理番組や料理に興味がある人もたくさんいますが、韓国ではそういうのは最近です。

料理はしないといけないもので、趣味になるにはある程度の余裕が必要なので、韓国でそういう余裕が出てきたのは最近のことです。

こんぶパンが約20年前に「料理が趣味だ」と韓国人の友達に言うと、「料理は女の人は結婚したら嫌でもしないといけないから、お母さんが教えなかった」と言っていました。

「料理=労働」という感じで話していたのを思い出します。

また、韓国で料理本を買っても、分量が書いてないものがほとんどでした。

何で分量書いてないのか韓国人に聞くと、「韓国料理はグラム数とかで言えないくらい難しい料理だからだよ」なんて適当なことを言われたのを覚えています。

今では、やはり需要があるのかきちんと書いてあります。

周りの韓国人の女友達も料理ができない子がたくさんいました。

それが最近では少し変わったなと思います。

ちなみに、韓国語でコックは「요리사[ヨリサ]」とか「셰프[シェプ]:chef」とか言います。

あ、この語呂はコックさんを覚える語呂ではなく、「必ず」です。

必ず」「コック(꼭)」覚えてくださいね。

ネイティブの発音

※必ず=꼭[ッコ]

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-その他

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン