エッセイ語呂 衣服

クローゼット=おっちゃん(옷장)①

おっちゃん(옷장)のクローゼット

日本語で「クローゼット」は韓国語で「おっちゃん(옷장)」です。

クローゼットの中からおっちゃんが出てきたら…という想像です。

でも、韓国のクローゼットからは本当におっちゃんが出てくるんです?↓。

※発音「옷장[おっちゃん]」。

韓国のクローゼットの中から出てくるもの

クローゼットは韓国語で「おっちゃん (옷장)」です。韓国のクローゼットからは、おっちゃんが出てくるかもしれません。

ちなみに服を入れるものとしてクローゼット以外にも、「たんす」がありますよね。


でも、たんすは「おっちゃん(옷장)」ってあまり言わないようです。

言っても通じるけど、「おっちゃん(옷장)」というと、イメージ的にハンガーにかけるタイプを最初に思い浮かべるようです。じゃあ、「たんす」は韓国語で何と言うかというと…

「服入れる引き出し(옷 넣는 서랍)」とか言うかな~と、ネイティブわかパンもあまり自信がなさそうでした。

私も韓国に来て、クローゼットは寮やワンルームに備え付けてあるのでよく使いましたが、引き出しタイプのたんすはあまり使う機会がありませんでした。

韓国では日本に比べ、ハンガーにかけて服を保管することが多い気がするので、「たんす」にあたる単語が説明的になるのかもしれません。

韓国人夫のクローゼットの中身

ー夫わかパンのクローゼットを整理ー

結婚して一緒に暮らすことになり、初めて夫わかパンのクローゼットを整理することになった時のこと。

服がものすごくたくさんあって、クローゼットがぎゅうぎゅうだったので、着ないだろう服を探していました。

すると、クローゼットの隅でかなりの場所とりをしている服を発見。

よく見ると…

軍服でした。

ズボン、上の服、それと寒い時に着るような上着の計3つです。

ごわごわしていて分厚いので、場所をかなりとっていました。

クリーニングに出したらしく、ピンとした状態でハンガーにかかっていました。

この軍服がなければ、かなりスリムなクローゼットになりそうです。

韓国の軍服

ひとまず、わかパンは予備軍(※)も終わっているし、当分着ないだろうと思ったので、畳んでしまうことにしました。

また、着るときにはアイロンがけをすればいいやと思いながら…

※韓国人の男の人は兵役中にももちろん軍服を着ますが、兵役が終わった後も予備軍と言って、人によって違いますが1年に1回訓練に出かけます。ずっとではなく、これも人によりけりらしいですがわかパンの場合、4年くらい訓練したそうです。

ということは、わかパンの場合、予備軍終わってるからまた着る時って戦う時…?

こんなに手で触ってまじまじ見るのは初めてだったので、改めて色んなものが不思議でした。

①胸のところのワッペンにはよく見ると朝鮮半島が。へ〜。

※ちなみに、韓国語では朝鮮半島は「韓半島」と書きます。韓国人的には「朝鮮半島」って言うのはあまり好きじゃないようです。でも日本語じゃそれでは通じないので…、ここでは日本語基準で。

②ハングルの名前の下には英語でLEEと書いてあり、何で英語なんだろうと不思議に思いました。しかも、名字だけ。LEEなんて韓国人の人口かなりを占めると思うんですが、なぜ名字だけ…目的は…?

③軍服の上着のポケットが妙に膨らんでいるので、中を見てみると…

丁寧に丸められたベルトと、大切そうに揃えられた2本の紐?これは一体…

(クローゼット=おっちゃん(옷장)②につづく)

 

 

 

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-エッセイ語呂, 衣服

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン