あいさつ・あいづち エッセイ語呂

ちょっと待って=チャッカマン(잠깐만)

ちょっと待って

ー日本の実家でー

台所で料理をしようとすると…

実家のガスコンロは電池で火花が出るタイプで、電池が切れるとこうやってチャッカマンで火をつけてました。

ということで、「ちょっと待って」は韓国語で「チャッカマン(잠깐만)です。

※本当の発音は「チャンカンマン」ですが、チャッカマンと言っても通じます。早く言って、「チャカマン」と言えば、よりそれらしく聞こえます。

覚えにくい「ちょっと待って」

上の絵は覚えやすく描いたものですが、実際にはこんな風に生まれたゴロです。

それは、実家に帰って料理をしていた時のことです。

母は前から孫ができたら、孫と話すために韓国語ができないといけないと言い、ずっと独学で韓国語を勉強してました。

でも、よく使う「ちょっと待って」という意味の韓国語「チャンカンマン」がどうも覚えにくかったようで、私に聞いてきました。

そこでたまたま近くにあったチャッカマンで覚えれば?と言ったのです。

本当に覚えにくいのは

ところが…

私の母は本当はマッチが使い慣れています。

ガスに火をつけるのも、私はチャッカマンですが、母はマッチ。
お風呂も薪で炊いていますが、それもマッチで火をつけます。 仏壇もマッチ。

マッチ派です。

そのため…
「チャッカマン」が出てこない。

だから、今でも「ちょっと待って」と言いながら、「チャッカマン」を思い出そうとしています。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-あいさつ・あいづち, エッセイ語呂

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン