人・体 名詞

日本語「ひいおばあちゃん」→韓国語「純情ハルモニ(증조할머니)」【ひ孫は何と言う?】

【語呂合わせ】ひいおばあちゃんの時代はみんな純情

日本語で「ひいおばあちゃん」は韓国語で「純情ハルモニ(증조할머니)」です。

おばあちゃんの時代でもなく、そのまた昔のひいおばあちゃんの時代は本当に純情だったと思います。

おばあちゃんは「할머니[ハルモニ]」と言いますが、この部分は知っているという前提で語呂を作りました(할머니[ハルモニ]の語呂はもう少しお待ちください)。

自分のひいおばあちゃんについて話すことはあまりないかもしれませんが…

子供がいると自分のおばあちゃんが、子供にとってはひいおばあちゃんになるので使うことが多くなりました。

そんな時「あれ?なんだっけ?」と思い、うろ覚えだったので語呂を作ってみました。

ネイティブの発音

※ひいおばあちゃん=증조할머니[ジュンジョハルモニ]

【語彙を増やす】ひいおじいちゃんは純情ハラボジ(증조할아버지)、ひ孫は?

日本語で「ひいおじいちゃん」は韓国語で「純情ハラボジ(증조할아버지)」と言います。

ひいおばあちゃんが純情なら、ひいおじいちゃんも純情です。

ちなみに、ひ孫は「증손자[ジュンソンジャ]」と言います。

え?「ひい=증조[ジュンジョ]」じゃないの?と思うかもしれません(こんぶパンはそうでした)。

でも、「증조[ジュンジョ]」は漢字で「」と書くので、ひ孫の時は「조[ジョ]:祖」が付かないんです。

祖先の「祖」はひいおばあちゃん・おじいちゃんには付くけれど、ひ孫には付かない感じがしますよね?

だから、ひ孫は「증[ジュン]」だけが付いて「증손자[ジュンソンジャ]」です。

ネイティブの発音

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-人・体, 名詞

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン