名詞 食べ物・飲み物

日本語「ごはん」→韓国語「밥(パプ)」【ごはんはパッパッと】

【語呂合わせ】ごはんはパッパッと

日本語で「ごはん」は韓国語で「밥(パ)」です。

お母さんが冷蔵庫の中から、作り置きのおかずをたくさん出してきて、パッパッとごはんの準備をしてくれています。

韓国ではたくさんのおかずが冷蔵庫の中に入っていて、そのおかずにメインの魚や肉、そしてチゲなどの汁を作ってすぐに食事ができます。

日本語でも「お米」という意味の「ごはん」と、「食事」という意味の「ごはん」があるように、韓国語でも両方の意味があります。

ネイティブの発音

※ごはん=밥(パ)

『イラストとゴロで覚える韓国語 おかわり』

p.12に「ごはん=밥(パ)」が載っています!

ビビンバの「バ」が「ごはん」

ゴロで覚えなくても、実はすでに「ごはん=밥(パ)」というのをみんな知っています。

というのも、「ビビンバ」の「バ」は「ごはん」という意味だからです。

「ビビン」は「混ぜ」、「バ」は「ごはん」で「ビビンバ」は「混ぜごはん」という意味です。

「バ」と「パ」では違うように聞こえるかもしれませんが、「パプ」の「プ」はパッチムで「パ」と言った後に唇を閉じるだけなので、実際には「パッ」に聞こえます。

また、カタカナの読みでは「パ」で表記しましたが、実際には「パ」にも「バ」にも聞こえる音なんです。

つまり「パ」→「バ」→「バッ」にも聞こえます。

カタカナで韓国語の発音を表記する限界があるので、こういうことが起こってしまいますが、上のゴロで覚えにくい時はビビンバの「バ」で覚えてもいいですね。

キーワード:ごはん、ご飯、ゴハン、밥、gohan、ライス

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-名詞, 食べ物・飲み物

© 2022 語呂で覚える韓国語 こんぶパン