エッセイ語呂 動植物

日本語「キツネ」→韓国語「酔う(여우)」

韓国人男性はキツネみたいな女性に()う(여우)

日本語で「キツネ」は韓国語で「()う(여우)」です。

キツネを見た韓国人男性が、クラクラして酔っているところです。

韓国では女性に対して、「キツネ」と言うことがあります。

「キツネみたいな女」と表現したりします。

駆け引きが上手で、ちょっとずるがしこいようなそんな女性を言います。

いい意味にもなるし、悪い意味にもなるし、使う人の意図によって変わります。

※発音「여우[ヨウ]

※「여우야 여우야 뭐하니?(ヨウヤ ヨウヤ):キツネさんキツネさん」という歌です。

※「여우야(ヨウヤ)」の「ヤ(야)」は、上では「さん」と訳しましたが、呼びかけるときに使います。パッチムがない名前の後につきます。

例えば、花子を呼ぶときには「はなこヤ(하나코야)」と言います。

キツネになってほしいと言われる

こんぶパンがわかパンと付き合っているとき、何回か言われたのが…

キツネのように振るまってほしいというものでした。

日本人の何でもかんでも優しい感じも好きだけど、やっぱりキツネみたいに、つっけんどんな感じも好きだからということでした。

キツネに酔う(여우)…を望んでいるようでした。

でも、なかなかうまくできず(一応、やってみようとは思いましたが…)、結局キツネにはなれませんでした。

でも、結婚した今ではそんなことは言ってきません。

もう、こんぶパンが付き合っていたころの優しさがなくなってきたのか、韓国人女性のようにキツネみたいになっているのかわかりませんが…。

酔う(여우)…とは言われなくなりました。

・・・

・・

韓国人男性のハートをゲットしたい日本人女性は、韓国人女性のキツネっぷりを研究するといいかもしれません。

酔う(여우)♡と言われるかもしれません。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-エッセイ語呂, 動植物

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン