もとが日本語の言葉 人・体

日本語「ねんね」→韓国語(南部)「ねんね(넨네)」

「ねんね」は「ねんね(넨네)」

日本語で「ねんね」は韓国語の南部でも「ねんね(넨네)」です。

正確に言うと、釜山のあたり(慶尚道)です。

日本語がそのまま残ってるんですね。

こんぶパンの子供は釜山の近くの保育園に通ってますが、先生が「ねんね」と言うのでびっくりしました。

でも、夫のわかパンに聞いたら「ねんね?何それ?」と言うのでおかしいなと思っていました。

その後、釜山の友達がねんねは釜山の方言だから、ソウルの方の人は知らないと思うと…

夫のわかパンはソウルの方の出身なのでわからなかったようです。

釜山の方の韓国人の友達がいたら使ってみてください。通じますよ!

でも、保育園の先生も釜山の友達も日本語でも「ねんね」ということは知りませんでした!

それでびっくりしていました。

釜山の方では意外なところで日本語に出会うので、とても不思議な気分になります。

※発音「넨네[ネンネ]」。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-もとが日本語の言葉, 人・体

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン