エッセイ語呂 人・体

お母さん=んま―(엄마)

何でもお母さん

ー母の味が好きなわかパンー

料理の中でも特に卵焼きの好きな夫(わかパン)。

卵焼きは韓国にもありますが、日本のものと少し違います(巻きの層が少ないです)。

※「うまー」という感じで「んまー」と読んでください。

わかパンは自分のお母さんの卵焼き(韓国風)が大好きです。

そして、私の母の卵焼き(日本風)も大好きです。

でも、妻(こんぶパン)の卵焼きはあまり好きではありません。

わかパンは「お母さん」の卵焼きが大好きです。

それは自分の母親でも相手の母親でも関係ないです。

「お母さん」が作ったものが大好きです。

ということで、日本語で「お母さん」は韓国語で「んまー」でした。

韓国語を少し勉強しだすと、「お母さん」は韓国語で「おんま」だということを習うとすぐに思います。

でも、あれ?

「んまー」?

「おんま」じゃないの?

ネイティブ風の「おんま(お母さん)」

お母さんは韓国語で「おんま」でOKです!

でも、ネイティブ風に言うと「んまー」とも聞こえなくはないのです。

「おんま」の「お」は日本語の「お」とは少し発音が違って、はっきりとした「お」ではなく軽く「お」という感じです。

日本語の「あ」にも近いです。

そして、だいたい「お母さん(おんま)」という時は、呼ぶ時が多いと思うんです。

だから、最初の「お」があまり聞こえない状態で、「ぉんまー」という具合に発音されています。

そう思ったのは最近のことなんですが、

と言うのも…

赤ちゃんの言葉はすべてお母さん?

ーわかパン、ぱんパンのお守りをするー

ぱんパンが泣き出すと、すぐに「おんま」だってと言って、子守の交代宣言をするのです。

でも、私には「んまー」と泣いてるようにしか聞こえません。

これは、あやすのが面倒で言っているのか、本当にわかパンには「おんま」と聞こえているのか…。

検証が必要ですが…。

しかし、ここで違うというと「何で避けようとするの?」と薄情な感じで言われるので、仕方なく交代します。

やっぱり「おんま」って聞こえてるのかな。

この赤ちゃんの「んま」って、たぶん日本では「まんま」、韓国では「おんま」になるような気がします。

バイリンガルに育てるためには、ここで日本人である私は「おんま」と言っていると認めていいものなのかどうなのか?

認めてしまうと私は「おんま」になるのかな?

韓国語と日本語の狭間でさまよう母こんぶパンでした。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-エッセイ語呂, 人・体

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン