形容詞 形容詞요体 感情・状態

日本語「甘い」→韓国語「タルトだ(달다)」

【語呂合わせ①】甘いタルトだ(달다)

日本語で「甘い」は韓国語で「タルだ(달다)」です。

甘いものは色々ありますが、タルトって下の生地から中のクリーム、上に塗られているテカテカしたシロップまで甘々です!

韓国語を覚えるなら、「甘い」の代表は「タルトだ~~!」です。

ちなみに、発音は「タルトだ」ではなく「タルだ」です。

ネイティブの発音

※甘い=달다[タダ]

【語呂合わせ②】甘くしてくれるのは「樽だ(달다)」

日本語で「甘い」は韓国語で「(たる)だ(달다)」です。

上の語呂で覚えられない時は、こちらはどうでしょうか?

ワインなど熟成させると甘くなりますが、それは樽に入れるからです。

樽って甘くしてくれるんですね!

ということで、「甘い」は「(たる)だ(달다)」と覚えてもいいですね。

【語呂合わせ③】甘くないけど「甘塩たら(달아)」

日本語で「甘い」は韓国語で「たら(달아)」です。

ちなみに「甘塩たら」というのは、塩加減を少なくした塩漬けのタラのことらしいです。

だから、甘くはないんですが、韓国語を覚えるのにはもってこいなので、ぜひこれで覚えてみてください!

달다[タダ]と달아[タラ]の違い

辞書で「甘い」を引くと「달다[タダ]」が出てきます。

それを会話で使えるようにしたのが「달아[タラ]」です。

달아[タラ]を使う時

こんな感じです。

友達に自分の好きなアイスクリーム屋さんに連れて行って、「これは甘いよと教えてあげています。

こんな時、辞書に載っている「달다[タダ]」ではなく、「달아[タラ]」を使います

丁寧に言うときは「요[ヨ]」をつけて、「달아요[タラヨ]」です。

社長室にケーキを持っていっていって、「これ甘いですよ」と言っています。

※「甘いよ」「甘いですよ」の「よ」は状況に合わせてつけているだけで、あってもなくてもOKです。

달다[タダ]を使う時

では、「달다[タダ]」はいつ使うかというと…

一人で家でワインを飲んでいて、独り言で「甘い…」「甘いな…」「甘っ…」と言う時、辞書に載っている「달다[タダ]」を使います

こんな感じで使える時が違うので、「달다[タダ]」と「달아[タラ]」と両方覚えておくといいですよ!

※独り言以外にも使える状況はありますが、まずはざっとこんな感じなんだ~と思っておくと、わかりやすいと思います。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-形容詞, 形容詞요体, 感情・状態

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン