動画ゴロ 名詞 場所・位置 発音 自然

日本語「地面」→韓国語「タン(땅)」【濃音の発音】

日本語で「地面」は韓国語で「タン(땅)」と言います。

【覚え方】語呂合わせ「地面をタンタンタン(땅)と叩く」

実際に、今、地面をタンタンタンと叩いてみましょう。

韓国語の「地面=タン(땅)」を覚えられます。

本当にやってみることで、覚えやすくなりますよ!

【語呂動画】地面をタンタンタンと韓国人が実際にやってみました

何だか覚えにくい語呂だな、と思ったあなた!動画を観ればもう少し印象に残るかも!?

韓国の夕方の小学校の運動場で撮影しました。

韓国では学校の運動場を住民に開放していて、放課後や週末は近くに住む人たちがウォーキングをしたり遊んだりしています。

子供の声が聞こえてますね。

サッカーをしているようでした。

わかパン
僕も小さい頃、こうやってサッカーして遊んだな~。懐かしいな~。

【発音のコツ】息を止めて、首をしめられた感じで「…タン」

「タン」の発音でこの間出てきたのが「()=タン(탕)」でしたよね。

こちら→語呂:「湯=タン(탕)」

カタカナで書けば同じ「タン」ですが、ハングルで書くと「탕(湯)」「땅(地面)」で少し形が違いますね。

・탕の「ㅌ」は激音と言って、息を吐き出す発音です。

・땅の「ㄸ」は濃音と言って、喉のところを詰めたような発音です。

激音の「ㅌ」の発音

탕(湯)の方は息を吐き出しながら「タン」と言います。

そのため、口の前にティッシュなどあったら、息でひらりとゆれます。

濃音の「ㄸ」の発音

逆に、땅は息を吐き出しません(탕のようにシューンと息が真っすぐ出てはいません)。

息を止めて、首をしめられた感じで「タン」と言ってみてください。

日本語では、よく濃音は「ッタン」という風に、小さい「ッ」を前に入れて表記します。

それで、もう一回わかパンの発音を聴いてみてください。

何だか、苦しい「タン」ですよね。これが濃音の発音になります。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-動画ゴロ, 名詞, 場所・位置, 発音, 自然

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン