ハングルを覚える

ハングル「ㄹ」=ラクダの「r」【ハングルを覚える:子音ㄹ】

ハングルの「ㄹ」は「r」です。

【覚え方】「ㄹ」はラクダが座っている姿に似ているから、ラクダの「r」

「ㄹ」はラクダが砂漠で、一休みして座っている姿に見えませんか?

だから、ラクダの「r」です。

ハングルには母音(ぼいん)子音(しいん)がありますが、「ㄹ」は子音(しいん)です。

子音(しいん)というのはローマ字で書いたときの左側です。

ちなみに母音(ぼいん)は右側です。

<子音と母音の見分け方>

例)「ま」ならローマ字で「ma」と書くので、子音(しいん)は「m」で母音(ぼいん)は「a」。

ハングルの「ㄹ」というのは、アルファベットで言うなら「r」に当たります。

l(エル)」でもいいかもしれません。

ただ、英語の「r」や「l」の発音とは違うので注意が必要です。

【発音のコツ】「ㄹ」は巻き舌にしないのがコツ

「ㄹ」は「r」と書きましたが、発音は英語の「r」とは全く違います。

1. パッチムじゃない「ㄹ」:日本語の「らりるれろ」と同じ

パッチムではなく、普通に「ㄹ」がでてきたら、シンプルに日本語の「らりるれろ」と同じように発音します。

これを、英語の「r」のように、こもったような、巻き舌のようにするような発音をすると、ネイティブの発音から離れるので注意してください。

2. パッチムの「ㄹ」:音ではない

「ㄹ」はパッチムでも使われることがあります。

ちなみに、韓国語のパッチムというのは、英語で言うとこんな感じのものです。

<パッチムの何となくの雰囲気>

①「cat」の「t」とか、

②「dog」の「g」に当たるもの。

※英語とは発音など違いますが、韓国語にもこのようなものがあり、これをパッチム(받침)と呼びます。

「カビ」の「」はパッチムの「

ところで、焼き肉屋さんで「カルビ」を注文したことはありますか?

「カルビ」は実は韓国語で「あばら」という意味なのですが、ハングルで「갈비(カルビ)」と書きます。

この小さい「ㄹ」がパッチムです。

アルファベットで書くなら、「가(ka)」「ㄹ(r)」「비(bi)」で「karbi」になりますね。

でも、このパッチムの「ㄹ」は日本語のように「ル」と発音しません。

英語のように難しい「r」の発音でもありません。

「カルビ」は韓国語は2文字

「カルビ」はハングルで「갈비」と書くように、2文字であって、3文字ではありません。

「カルビ」と言うより、「カビ」です。

そして、パッチムの「ㄹ」は音ではなく、音の切り方の形です。

갈비(カルビ)」の場合「()」の音の切り方が「ㄹ」という意味を表します。

カルビで「ㄹ」パッチムを練習する方法

①「カビ」と10回言う

②ららららららららららと「ら」を10回言う

③「ら」の後でまた「ら」を言う直前で止める

④その時の舌の状態を確認する(上あご(口の中の鼻の下の方)に舌がついている)

⑤その止めた舌を「カビ」の「カ」の後でつける

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-ハングルを覚える

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン