ハングルを覚える

ハングル「ㅗ」→日本語「お(o)」【ハングルを覚える:母音ㅗ】

ハングルの「」は日本語で「お(o)」です。

【覚え方】ㅗは中指を立てて、「お…」と死ぬ…。

韓国人に「ㅗ」をメールなどで送ると、本当にころされちゃうかもしれません。

そして、「お」…と死んじゃうかもしれません。

ハングルの「ㅗ」は中指を立てる形に似ていますよね?

だから、韓国人は冗談などでこの「ㅗ」をメールで送ったりします。

でも、それは男の子同士とか、仲がいい間だけです。

本気で送ったら、本当に「お」…になります。

わかパン
死ねっていう意味ほどではないけど、軽い悪口みたいな感じかな~。使う人は男女の違いもあるけど、個人の違いが大きいかな。女の子も使う人は使うしね。

【発音のコツ】大玉のあめをなめて、口から出ないように「お」と言う

この「ㅗ」は日本語の「お」と近いと言われますが、かと言って全く同じ音ではありません。

日本語の「お」より、もっと深い音です。

大玉のあめを食べたことないですか?

そのあめを食べて「お」と言ってみてください。

それが韓国語の「ㅗ」の発音です。

大玉のあめをなめて、「お」と言うとあめが口から出ないように唇をすぼめますよね。

そして、大玉が入っているので、ほっぺたは若干ふくらんでいます。

これが韓国語の「ㅗ」です。

日本語の「お」は唇が少し外に反るのと、えくぼのできるほっぺたのところが少しくぼみますよね。

これは、韓国語の「ㅗ」と違う発音になってしまう原因です。

だから、大玉をなめて「お」と発音すると、ネイティブのような「ㅗ」になります。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-ハングルを覚える

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン