人・体 北朝鮮

日本語「拳(こぶし)」→韓国語「樹木(주먹)」

(こぶし)樹木(じゅもく)(주먹)で鍛えろ!

日本語で「拳(こぶし)」は韓国語で「樹木(じゅもく)(주먹)」です。

(こぶし)樹木(じゅもく)で鍛えているところです。

「じゅもく」の「く」は軽く、言うか言わないかの方が自然です。

※発音「주먹[ジュモッ]

韓国人は昔、(こぶし)樹木(じゅもく)で鍛えていた!?

こんぶパンはテコンドーをしているので、テコンドーの先生やテコンドーをしていたおじさん(おじいさん)と話すことがたくさんあります。

すると…

昔は、テコンドーとか関係なく(こぶし)を鍛えていたそうです。

樹木で…

他にも、とにかく何でも壁でも床でも鍛えられるものがあれば、(こぶし)でなぐって強くしていたそうです(人によって色々)。

最近は、テコンドーではプラスチックの木の板のようなものを(こぶし)で割ったり(というより、パカッと力を入れると割れる仕組み)、ミットのようなものを使って、けしからんではないですが、昔は違ったという話をされます。

北朝鮮では今も(こぶし)樹木(じゅもく)で鍛える?!

こんぶパンの脱北者の友達は、初めて会った時…

自分の殴りすぎて変形した(こぶし)を見せながら、「見て!僕、(こぶし)強いから!」と言ってきました。

…?

どういうことだろう…

それは、どういう意味…?

ちょっと怖いな…と思いながら、笑ってごまかしました。

すると…

その後、脱北者の人が出ているテレビ番組を見ました。

そこでは、

北朝鮮の男の人は(こぶし)を自慢するのだそうです。

なるほど!北ではケンカが強いことがかっこいいことなのかな?と思いました。

そして、脱北者の友達に聞いてみました。

すると、北ではお金とか名誉とかあったとしても、最後には自分の(こぶし)で自分や家族を守らないといけないということ。

そして、自分の(こぶし)以外で他に信じられるものはないということを教えてくれました。

だから、ケンカが強いこと、つまり(こぶし)が強いことはとても大切なことなのだそうです。

それで、ケンカをしたり、(こぶし)を鍛えたりするので手が変形するということでした。

樹木で(こぶし)はやっぱり鍛えないといけないようです(もちろん壁とか床とか人によって違いますが…)。

(こぶし)は女性も使う

とは言っても、自分は女性だし…

男の人でも、自分はケンカしないし…

(こぶし)なんて単語使わないよ!と思っている人もいると思います。

でも、けっこう使うんです。

例えば、これ!

おにぎりって、韓国語では「じゅもくパッ(주먹밥)」って言うんです。

「パッ(밥)」というのは、ご飯という意味です。

ビビンバの「バ」と同じです。前にくる文字でバになったりパになったりするのですが、同じ言葉です。

(こぶし)のご飯、つまり「おにぎり」です。

※発音「주먹밥[ジュモッパッ]

他にも、「むすんでひらいて」という歌がありますよね?

それも、韓国語では「(こぶし)をにぎって(주먹 쥐고:ジュモク ジュィゴ)」と言います。

日本語で言うなら「グー」と言う時に、韓国語ではこの「주먹[ジュモク]」を使うイメージです。

子供に「グーしてごらん(주먹 쥐어봐:ジュモク ジュィオバ)」とか言ったり、血液検査で血をとるときに「手を握ってください(주먹 쥐세요:ジュモク ジュィセヨ)」と言ったりする時にも使われます。

※じゃんけんの「グー、チョキ、パー」は「カウィ(가위:ハサミ)、バウィ(바위:岩)、ボ(보:風呂敷)」と言います(チョキ、グー、パーの順です)。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-人・体, 北朝鮮

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン