感情・状態

日本語「好き」→韓国語「ジョア(좋아)」

日本語で「好き」は韓国語で「ジョア(좋아)」と言います。

【覚え方】語呂合わせ「ヤクルトが好き?ジョア(좋아)が好き?」

ヤクルトとジョアどちらが好きですか?

ジョア~~~~(좋아)!

本当は韓国人はヤクルトをよく飲むので、ヤクルトの方が好きかもしれませんが、ここはジョアにしておいてください。

発音は「チョア」と書いた方が正しいのかもしれませんが、「ジョア」って「ヂョア」とも書けますよね?

実際の発音は「チョア」のような「ヂョア」のような発音です。

※以下、語呂の覚えやすさで「ジョア」と表記します。

【使い方】フェイスブックの「いいね」は韓国語は「좋아요」

ちなみに、この「ジョア(좋아)」をよく見るのは、フェイスブックです。

日本語では「いいね」のところが、韓国語では「ジョアヨ(좋아요)」になります。

「ジョア(좋아)」に、丁寧な言い方の「ヨ(요):です」がついたものです。

「ジョアヨ(좋아요)=好きです」という意味です。

ジョア(좋아)は「好き」なの?「いい」なの?

あれ?

日本語では「いいよ」なのに、韓国語では「好きです」になるの??

よくわからなくなってきましたね。

ちなみに、英語の場合フェイスブックでは「like」になっています。

<フェイスブックの「いいね」>

日本語=いいね

韓国語=ジョアヨ(좋아요)

英語=like

??

何でだろう…と思いますよね。

「like」は英語の時間に、「好き」と習いました。

日本語で考えると、いい=good、好き=likeです、そして愛してる=loveみたいな感覚ですよね。

韓国語のジョア(좋아)は「好き」にも「いい」にもなる

でも、国によって言葉によって、意味の範囲や使い方が違って必ずしもイコールで結べないことがあります。

韓国語の「ジョア(좋아)」で言えば、実は元々は教科書に載っている意味は「いい」です。

だから、既に韓国語を勉強して意味を知っている人は、最初この語呂を見て「あれ?いいじゃないの?好きなの?」間違ってるんじゃないの?と思った人もいると思います。

でも、実際に韓国人の間で使われるときは「いい」にも「好き」にも訳せる言葉です。

全部ひっくるめて、簡単に言うと「気に入った」という意味で使われます。

フェイスブックの日本語、韓国語、英語どれも、つまりは気に入ったということですよね。

そういう状況に合った言葉が選ばれて書かれているので、辞書でイコールのものが書かれているわけではないということです。

韓国語にジョア(좋아)と言うと勘違いされる

韓国語の教科書を見ると「いい=좋다」「好き=좋아하다」と書いてあるものもあると思います。

こんぶパンは韓国に来た当初、そうだと思い込んで、韓国人の友だちに「ジョア(좋아)」をたくさん使っていました。

それは、やさしいねとか、その服いいねみたいな意味で使っていましたが、ある日…

韓国人の男の子が、ぼくのこと「ジョア(좋아)?」と聞いてきました。

てっきり、自分のことが「いい?」つまり、「いい人?」という意味だと思い…

「ジョア(좋아)」と返しました。

でも、何だかうれしそう。

それで知ったのですが、「ジョア(좋아)」には「好き」という意味もあったのです。

本当に好きな人にならいいですが、使い方を間違えると誤解を生むので注意しましょう。

【韓国の歌】ジョア(좋아)の出てくるを聴いてみよう

※以下、ジョア(좋아)を「チョア」で表記します。

서영은(ソ・ヨンウン)の「좋아좋아(チョアチョア):好き好き」という歌です。

この歌でも、「네가 좋아 너무 좋아(ニガ チョア ノム チョア)」という歌詞があります。

「君が好き、とっても好き」という意味で、相手に好意を持っている意味の「好き」で使われています。

韓国語は「サランヘヨ~」というイメージが強いと思いますが、「チョア」という言葉も相手に好意を持っているという意味でよく使うので、ぜひ好きな相手が韓国人の人は使ってみてください。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-感情・状態

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン