文法がわかる

日本語「している」→韓国語「羽子板(하고 있다)」

「している」…「羽子板(はごいた)(하고 있다)」

日本語で「している」は韓国語で「羽子板(はごいた)(하고 있다)」です。

もう少し正確に発音すると、「はごいた」より「はごいった」と言ったほうが近いです。

※発音「하고 있다[ハゴ イッタ]」。「하고[ハゴ]」+「있다[イッタ]」。

※「하고[ハゴ]」は日本語で「して」。「있다[イッタ]」は日本語で「いる」です。

いろんな羽子板(はごいた)(하고 있다)

こんな風に使います。

今、何してますか?インターネットでこれを見ていますよね。

※発音「인터넷 하고 있다[イントネッ ハゴ イッタ]」。

今、している。「なう」の意味が「羽子板(はごいた)(하고 있다)」にはあります。

他にも…

英語の言葉は、そのままくっつけるだけで通じます。

※発音「쇼핑하고 있다[ショッピン ハゴ イッタ]」。

その他にも…

漢字の言葉でも似ているものは簡単に言えます。

※発音「계산하고 있다[ケーサン ハゴ イッタ]」。

そして…すでに知っている言葉を使ってこんなのも言えます。

「ありがとうございます」という意味の「カムサハムニダ(감사합니다)」。

「カムサ」は日本語で「感謝」という意味です。

これにもくっつけると「感謝している」という意味になります。

※発音「감사하고 있다[カムサ ハゴ イッタ]」

最後に…

今していることは…

こんぶパンの「こんぶ(공부)」は日本語で「勉強」という意味でしたね。

ということで、勉強しているは「こんぶ羽子板(はごいた)(공부하고 있다)」と言います。

※発音「공부하고 있다[コンブ ハゴ イッタ]」。

※上のすべての「羽子板(はごいた)(하고 있다)」の発音を「はごいった(하고 있다)」と言うと、より自然です。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-文法がわかる

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン