エッセイ語呂 人・体 感情・状態

日本語「ちゅう」→韓国語「ポッポ(뽀뽀)」

ちゅうされて、ほっぺたがポッポ(뽀뽀)

日本語で「ちゅう」は韓国語で「ポッポ(뽀뽀)」です。

ちゅうされて、赤くなってますね。

ポッポ(뽀뽀)…と。

※発音「뽀뽀[ポッポ]

韓国の保育園では「ちゅう」を教えてくれる

昨日、子供のぱんパンが、突然韓国語で「ポッ」と言ってきました。

そして…

両ほっぺたに、ちゅうをしてくれました。

突然のことに、顔が「ポッポ(뽀뽀)」となりました。

※ちなみに、「ポッポ(뽀뽀)」は日本語で「ちゅう」とか「キス」という意味で、「ポッ(뽀)」と1回だけだと、日本語で「ちゅっ」という感じです。

というのも、昨日は保育園で「ちゅう」を教えてくれたからです。

それで家に帰ってやってくれたようです。

保育園の先生から、「最初は嫌がりましたが、ずっと教えたら最後にはうまくできました」とお迎えの時に言われました。

そして、連絡帳には「뽀뽀(ポッポ)」の写真がアップされていました(左ぱんパン)。

でも、何の意味もなく突然「ちゅう」を教えたわけではなく…

この日は、同じクラスの女の子の誕生日で、「ちゅう」を教えて、プレゼントしたらしいです。

スキンシップが多い韓国の保育園

日本では「ちゅう」を教えて、プレゼントするなんてことはないと思いますが、韓国の保育園ではこんなスキンシップがとても多いです。

先生も、毎日…

「サランヘ~(사랑해):愛してる」と言って、子供を抱きしめます。

そして、「ちゅう」もよくします。でも、親の私は見ていて嫌な気分にはなりません。

子供がポッポ(뽀뽀)と顔を赤らめてうれしそうにしているからです。

韓流ドラマに出てくるかっこいい男性のもとは、こんな教育から始まってるのかもしれません。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-エッセイ語呂, 人・体, 感情・状態

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン