エッセイ語呂 動植物

日本語「タヌキ」→韓国語「野栗(너구리)」

タヌキは野栗(のぐり)が好き

日本語で「タヌキ」は韓国語で「野栗(のぐり)(너구리)」です。

野生のタヌキが山に落ちている、()(くり)を食べているところです。

「栗拾い、キツネタヌキに(さき)()され」。これはこんぶパンが小学校の国語の時間に作った川柳です。

こんぶパンの実家の裏山には野生の栗の木がありました。

明日になったら風が吹いてもっと落ちるだろうと、次の日まで待つと、だいたい次の日にはキツネやタヌキに食べられていたからです。

キツネやタヌキも栗がいつ落ちるのか知っているようです。

ということで、タヌキの好物は本当に栗です。野栗(のぐり)です!

※発音「너구리[ノグリ]」。クリックして、スピーカーボタン「🔈」を押せばネイティブの発音が聞けます(ネイバー辞書にとびます)。

※キツネは韓国語で「ヨウー(여우:発音)」と言います。

韓国にはタヌキラーメンがある

日本にはたぬきうどんや、たぬきそばがありますね。

韓国にはタヌキラーメンがあります。

実は、こんぶパンはこのラーメンで「タヌキ」=「ノグリ(너구리)」ということを知りました。

ー韓国に来てまもないある日のことー

友達とインスタントラーメンを食べることになりました。

でも、韓国のラーメンは全部辛いので、辛いのに慣れていないこんぶパンは聞きました。

韓国人の友達がすすめてくれたのは、「野栗(너구리)」ラーメン、つまり「タヌキラーメン」です。

インスタントラーメンの商品名です。

栗の絵ももちろんついてない…。

辞書で調べると、「ノグリ(너구리)」というのが「タヌキ」という意味というのは分かったのですが…。

でも、タヌキの絵もついてない。

なぜタヌキラーメンなのか不思議でした。

韓国では辛くないのがタヌキの象徴?などと1人で考えながら、ひとまず食べてみました。

辛かったです。

それ以来、なぜ友達に辛くないラーメンとして「タヌキ(ノグリ)」ラーメンをすすめられたのか、このラーメンとタヌキに何の関係があるのか16年間知らぬままでした。

ところが…

韓国のタヌキラーメンはうどんだった

最近、タヌキラーメン35周年!というニュースが出て知りました(1982年11月発売)。

タヌキラーメンは35年前、「うどんラーメン」として発売されてヒットした商品だというのです。

というより、「うどんラーメン」とは何??

と思ってよく調べてみると、「うどんのような太い麺に、ラーメンのような辛いスープ」を合わせた画期的な商品だったようです。

そこで、久しぶりにタヌキラーメンを買いに行きました。

私が見た当時のそのラーメンの袋にはタヌキの絵がなかったのですが、よくよくスーパーで見てみると…

タヌキがいました!

これタヌキ?16年前もいたっけ??

味も今は「辛い味(매운맛:メウンマッ)」と、「あまり辛くない味(순한맛:スナンマッ)」の2つがありますが、発売当初は「あまり辛くない味」だけだったそうです(なるほど!)

もしかしたら、友達はそんな「うどん」や「あまり辛くない」というイメージから、このラーメンをすすめてきたのかもしれません。

そして、このタヌキラーメンがヒットした理由に、中に本物の昆布が入っているからだそうです。

スープに深みが出て、うどんなのにスープがピリ辛ということが受けたそうです。

麺は普通のラーメンより太めです(でもうどんではない…)。

こんぶパンは普段、インスタントラーメンはあまり食べないのですが…

もう一度、16年ぶりに本当に辛くないのか食べてみました。

あ…辛くない。

ー結論ー

「ノグリ(タヌキ)」ラーメンは今は変なタヌキもいる。(昔もいたかも?タヌキの絵があるものとないものがあるようです。)

そして、うどんがコンセプトだから昆布が入っている。

たぶん、「たぬきうどん」のたぬきからネーミング?

辛い韓国料理に慣れると、そこまで辛くない。

辛いのが苦手な方は、韓国土産に「ノグリ(タヌキ)」ラーメン」はいかがでしょうか?

栗も入れて作れば、「タヌキ=野栗(のぐり)(너구리)」を完璧に覚えられると思います!

※これは「ノグリ」ラーメンのCMです。(CMの中のセリフの「ネ~ノグリ~(내 너구리)」の「ネ(내)」は日本語で「私の」という意味です。)

※日本語で「ラーメン」は韓国語で「라면[ラミョン]」です。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-エッセイ語呂, 動植物

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン