エッセイ語呂 人・体

日本語「ちんちん」→韓国語「コチュ(고추)」

スポンサーリンク

「こちょこちょ」と「コチュコチュ」

最近、子供のぱんパン(1歳8か月)が喋るようになってきてから、夫のわかパンも日本語を使うようになってきました。

そんなある日。

私が風邪を引いてしまい、ぱんパンのお風呂入れをわかパンに頼みました。

久しぶりにお父さんとお風呂に入って、ぱんパンはとても楽しそうでした。

お風呂からあがって…

 

タオルでふいて…

二人仲良くじゃれていました。

わかパンが日本語使ってる~!

と思ったら…

「コチョコチョ」ではなく「コチュコチュ」と連呼しながら、ぱんパンのおちんちんをフリフリしていました。

「コチュ(고추)」というのは、日本語で「おちんちん」のことです。

あまりに軽快でリズムカルなので、小さい子たちの遊び歌かと思い…

ただ単に、かわいくてフリフリしていたそうです。

ぱんパンのおかげで、わかパンも日本語を使うようになって嬉しいのですが(今までは照れて、あまり使ってくれませんでした)、日本語と韓国語の聞き間違いが増えてしまった我が家です。

ネイティブの発音

※唐辛子=고추[コチュ]

唐辛子=ちんちん

韓国料理と言えば、使われる調味料は「コチュジャン(고추장)」です。

この「コチュジャン(고추장)」は、

「コチュ(고추)」は「トウガラシ」、「ジャン(장)」は「みそ」という意味です。

そして、「コチュ(고추)」には「トウガラシ」の意味以外にも、その形からわかるように、

「ちんちん」という意味があります。

ぱんパンが生まれてから、毎日のように「コチュ(고추)」という言葉を使っているので、最近では「コチュ(고추)」と聞くと「トウガラシ」より「ちんちん」が思い浮かびます。

ネイティブの発音

※ちんちん=고추[コチュ]

「こちょこちょ」して「感じる感じる(간질간질)」

ちなみに、日本語の「こちょこちょ」は韓国語で「(かん)じる(かん)じる(간질간질)」です。

ネイティブの発音

※こちょこちょ=간질간질[カンジルカンジル]

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-エッセイ語呂, 人・体

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン