動作・行動 動詞 病院・症状・生理現象

日本語「怪我する」→韓国語「タッチだ(다치다)」

【語呂合わせ】タッチしたら怪我する

日本語で「怪我する」は韓国語で「タッチだ(다치다)」です。

子どもが濡れた手でプラグをタッチしようとしています。

そんなことをしたら怪我するよ!

ということで、怪我をするというのは、何かをタッチする(触る)時が多いですよね。

だから、怪我をするは「タッチだ(다치다)」です。

ネイティブの発音

※怪我(けが)する=다치다(タチダ)

★치(チ)が息を吐きだして発音するので、カタカナの読み方は「タチダ」と書いていますが「タッチダ」にも聞こえます。

「これ怪我?」と言う時の「怪我」は「상처(サンチョ)」

こんぶパンが初めて「怪我する」が「다치다(タチダ)」と覚えて、いざ実際に使おうと思った時のことです。

あれ?どう言ったらいいんだろうと困ったことが何回かあります。

何回ではなく、かなりの間、うまく伝えられないことがありました。

それはこんな状況です。

たとえば、誰かの顔に怪我した(あと)のようなものがあります。でも、怪我ではなくペンなどが付いただけかもしれません。

そんな時に「これ怪我?」と言いたかったのです。

「怪我する」が「다치다(タチダ)」なら、「怪我」だけは「다」?「다치」?「다침(タチ)」?なんて考えていました。

ではなく、「怪我」は「상처(サンチョ)」と言います。

「이거 상처야(イゴ サンチョヤ:これ怪我なの)?」とか「다치다(タチダ)」を使って「다쳤어(タチョッソ:怪我した)?」と言えばOKです。

ちなみに、상처(サンチョ)は「怪我」とも訳せますが、「傷」と訳すことが多い言葉です。

「心の傷」なら「마음의 성처(マウメ サンチョ)」という具合です。

他にも「怪我」は「부상(プサン:負傷)」を使う時もあります。

たとえば、保健室に行くと名前を書く紙があって、その欄の横に「病気・怪我・その他」みたいにチェックする項目ありませんでしたか?

そんな時に부상(プサン)は使われます。

ネイティブの発音

※怪我/傷=상처(サンチョ)

※怪我/負傷=부상(プサン)

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-動作・行動, 動詞, 病院・症状・生理現象

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン