エッセイ語呂 食べ物・飲み物

のり=キム(さん)(김)

のりの由来

ー韓国のりー

日本では韓国のりと言いますが、韓国ではもちろん「韓国」という言葉はつきません。

ただの「のり」です。

韓国語で「のり」は「キム」です。

キムさんの「キム」です。

昔、王さまにあげていたのりがキムさんの作った海苔だったからとか…

キムさんがのりを最初に作ったとか…

のりをキムさんがたくさん作っていたとか…

そんな話が本当にあって、キムらしいです。

でも、韓国で一番多い苗字がキムさんで、人口のかなりを占めているので、海苔の話も仕方ないような気がします。

もし、パクさんが作っていたら、「のり」は「パク」と言ってただろうね。

と韓国人の友達はよく話しています。

現地伝授の韓国のり保存法

ー切り分け方ー

韓国でお土産にのりを買って帰る日本人はたくさんいます。

おいしく、安く手に入れるために大きなスーパーで、A4サイズくらいの袋入りを買って帰る人も多いと思います。

私も実家にはこのタイプのものを買って帰ったりもしますが、これ、切れてないし、大きいしで、あまりうまく食べられていない気がしています。

韓国では家によっていろんなやり方がありますが、私は色々見た結果、こんなふうにしています。

①袋のまま1/3折って、反対にも折ります。

②のりを入れるタッパーの大きさにもよりますが、こんな感じで①のように折っていきます。

③切り離せたかな~と思ったら、封を切って、密閉容器に移し替えます。

しっかりと蓋のできるものがいいです。

④折るのが面倒な時はキッチンばさみで切る方法もあります。

でも、これは手が油まみれになるので、手を洗うのが面倒です。

そして冷蔵庫へ。

冷蔵庫に入れたらしめるんじゃないかと思ったんですが、みんなこんなふうにしていて意外に大丈夫です。

と、このように日本の実家でも教えてやってみたのですが、決定的なミスが…

日本は湿気がすごい…。

食卓に並べて、いただきま~すと言って食べる時には、もう湿っていました。

実家は雨が多い地方なので余計そうかもしれません。

ためしにこの方法でやってみて、ダメなら各ご家庭の方法でどうぞ。

韓国人の友達はコンロの火であぶっていました。

韓国では湿気でしめるというより、時間が経って古くてしめることが多いです。

そんな時は燃えないように注意しながら、あぶるとまたパリっとなります。

海苔巻き用ののりもあぶった後、ごま油と塩をまぶすと美味しいそうです。

韓国で一番おいしいのり

韓国では「グァンチョンのり」という「グァンチョン」という所の海苔がおいしいと有名です。

もちろん、それもおいしいのですが、私が食べた中で一番おいしかった海苔は市場の海苔です。

韓国の市場にはのり屋さんもあります。

透明なビニールの袋に入っているのですが、出来立てほやほやを持って帰れます。

ほんっとにおいしいです!

韓国に来た時は市場の海苔をぜひ!!

※持って帰りたいのですが、市場の海苔はパッケージも簡易的だし、日本に帰る頃には出来立ての味はなくなっていると思います。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-エッセイ語呂, 食べ物・飲み物

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン