名詞 発音 衣服

日本語「下着」→韓国語「そごっ(속옷)」【連音化:アンパンマンの新しい顔化】

日本語で「下着」は韓国語で「そごっ(속옷)」と言います。

【覚え方】語呂合わせ「下着をごそごそごそごそごそごっ」

ごそごそごそごそごそごっ(속옷)…、下着を見つけた!

下着をタンスの中からごそごそごそ…と探っているところです。

「ごそ」ではなく、ごそごそと連続で言って「そごっ」です。

パンツからブラジャーまで、すべて「속옷」と言います。

【発音】「속옷」が「そごっ」になる理由【連音化】

ハングルで書くと「속옷」です。

なぜ、「ソゴッ」となるかと言うと…

こんな風に、ㄱがㅇの中に入り込むからです。

ㅇはゼロにも見えますね。

こんぶパンではアンパンマンで語呂を作っています(参考:ㅇ=アンパンマン)。

アンパンマンは「新しい顔よ~!」と言って、新しい顔をもらいますよね。

そんなイメージで、アンパンマンがいるところに、パッチムが新しい顔として飛び込むことができます。

できるというより、必ずそうなると思ってください。

これを難しい言葉では「連音化」と言います。

だから、「ソオッ」ではなく、「ソゴッ」になります。

ネイティブの発音

※下着=속옷[ソゴッ]

【語彙を増やす】속がつく単語

下着という単語を分解すると、こんな風になります。

つまり、中に着る服のことです。

パンツもブラジャーも全て、内側に身に着けている服だからです。

この「(ソク)」という言葉は、中とか内とかいう意味があります。

そのため…

※속がソンと発音されるのは、鼻音化というルールのためです。

こうやって「心=마음[マウム]」をつけると…

中の心、内の心という意味で、つまり「本心」とか「内心」という意味になります。

「彼女の本心がわからない」なんて時に使います。

関連語呂

ネイティブの発音

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-名詞, 発音, 衣服

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン