形容詞 感情・状態 発音

日本語「あまい♡」→韓国語「だるだるハダ(달달하다)」【ㅎの激音化と弱音化の仕組み】

日本語で「あまい♡」は韓国語で「だるだるハダ(달달하다)」と言います。

【覚え方】語呂合わせ「だるだるな時はあまいものが食べたくなる」

甘いものっていつ食べたくなりますか?

だるだるな時ですよね。

本当は「하다[ハダ]」がつくのですが、「달달(ダルダル)」の部分だけで語呂を作りました。

【使い方】甘い(달다)とあまい♡(달달하다)

ちなみに、「あまい♡」とハートがついているのは、「甘い」には「달다[タダ]」という単語がありますが、それとは区別するためです。

「甘い=달다[タルダ]」はシンプルに一般的に使われる「甘い」という意味です。

今回の「달달하다[ダルダルハダ]」は「ほどよく甘い」とか「おいしい甘さ」とか、日本語では訳しにくい「甘い」という意味です。

イラストのように会社などで疲れたとき、「なんか甘いもの食べたいな~」と言う時、よく使います。

ネイティブの発音

※甘い=달다[タダ]

【発音】ㅎの丸の中にパッチムが入り込む【ㅎの激音化と弱音化の仕組み】

実際の発音は「ダルダルハダ」ではなく、「ダラダラダ」とよく言います。

というのも、「달달하다」が「달다라다」と、ㄹパッチムがㅎの丸の中に入り込むからです。

ハングルは丸の中に入り込む

なぜ入り込むかというと、「ㅎ」というハングルに丸があるからです。

ハングルは丸があるところに、パッチムが入り込むという性質があります。

実は、この「ㅎ」の丸は(のど)の形から作られた文字です。

喉から息が出ているので、その形を表しています。

ハングルの「ㅇ」も同じです。

だから、実は「ㅇ」と「ㅎ」はとっても近い音です。

そして、ルールもとても似ています。

「ㅇ」の中にパッチムが入り込むように…(連音化と言います)

「ㅎ」もパッチムが入り込みます。

※한국어[ハングゴ]=韓国語

ㅎの丸の中にもパッチムが入る【ㅎの激音化と弱音化】

パッチムが入り込んで、激音にできる音なら激音化と言い、パッチムが入り込んで、激音にしたくてもできない音なら弱音化と言います。

ㅎの激音化 ㅎの弱音化
発音:국화[クッカ]=菊 発音:전화[チョヌァ]=電話

なぜ「ㅎ」の丸に入り込むと激音になるかというと、「ㅎ」の丸の上にくっついているものに理由があります。

「ㅇ」の場合は単純に入り込むだけです(連音化)。

でも、「ㅎ」には頭になんかついていますね。

これは喉から出る息が強いという意味です。

「ㅇ」より「ㅎ」が喉から強い息がでているから、画数が増えています。

だから、イメージ的にはこんな感じです。

ㅎの激音化の仕組み

ㄱにはㅋという激音があるので、強くなって「激音化」と言います。

ㅎの弱音化の仕組み

逆に…

「ㄴ」には激音がないですよね。

でも、激音になろうとがんばって「ㄴ」を強く言おうとします。

「な」と強く言ってみてください。

すると、「な!!」となりますよね。

「な」と言った後に息がたくさん出ますよね。

その息の音が実は「ㅎ」の音です。

<ㅎの発音のコツ>

「ㅎ」は日本語の「はひふへほ」ではなく、息の音と思った方がいいです。

マラソンの時、はーはー言いますよね。

マラソンをしながら「あいうえお」と言ったら、「はあー、ひいー、ふうー、へえー、ほおー」となると思います。

それが「ㅎ」の発音です。

つまり、激音がない音は、激音にがんばってなろうとする時、息の音「ㅎ」が出てしまうんです。

そのため、「ㅎ」が少し聞こえます。

結局、「전화」は「저놔[チョヌァ]」とも聞こえるし、「전화[チョンファ]」とも聞えます。

ただ、後者の「전화[チョンファ]」と聞こえる場合、「ㄴ」を強く言った結果で聞こえる「ㅎ」の音なので、「ㅎ」の音にしては弱いです。

だから「ㅎ」が聞こえるか聞こえないかの弱くなるということで、「弱音化」と言います。

달달하다も同じで、ㄹの激音はないので、「ダルダラダ」にも「ダルダルハダ」にも聞こえます。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-形容詞, 感情・状態, 発音

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン