あいさつ・あいづち

日本語「いかがですか」→韓国語「オットセイよ(어떠세요)」

私の芸いかがですか?私オットセイよ(어떠세요?)

日本語で「いかがですか」は韓国語で「オットセイよ(어떠세요)」です。

オットセイが水族館で芸をしていて、「いかがですか」と自分の芸について観ている人に聞いています。

正確な発音は「オットセイよ」の「イ」を取って、「オットセよ」です。

※発音「어떠세요[オットセヨ]」

使い方

「いかがですか」の「オットセよ(어떠세요)」は、「どうですか(オッテヨ[어때요])」より丁寧な言い方で、よく使われます。

韓国人と一緒にご飯を食べに行くと、日本人の口に合うか心配しながら相手は聞いてきます。

「オットセよ?(어떠세요?)」

味はいかがですか?という感じです。

韓国の服屋で何を買おうか迷っていると、定員さんが

「オットセよ?(어떠세요?)」

この服はいかがですか?という意味で聞いてきます。

本当は、「味はいかがですか?」「この服はいかがですか?」と、「味」とか「この服」とか付けて言うとわかりやすいですが、その時の状況があるので単に「オットセよ(어떠세요?)」と言っても通じます。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-あいさつ・あいづち

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン