漢字の言葉

日本語「魅力」→韓国語「目力(매력)」

魅力は目力(めりょく)(매력)

勝手ですが「めぢから」ではなく、「めりょく」と読んでください。

日本語で「魅力」は韓国語で「目力(めりょく)(매력)」です。

もしかしたら、普通に「魅力(みりょく)」の「み」を「め」に変えるだけと覚えたほうがいいのかもしれませんが…

いえいえ、でもこういうちょっとした違いの漢字の言葉は多いので、だんだん何が何だかわからなくなってきます。

確実に、今この語呂で覚えておきましょう。

※発音「매력[メリョク]」。

韓国人にとって、目力(めりょく)は魅力ではない?

韓国人って二重(ふたえ)の手術をしたり、お目めぱっちりが好きなんだろうなと思いますよね?

でも、かといって日本と同じような目が好まれてはいません(正確に言うとアイメイク)。

テコンドー部にいたとき、韓国人の男子部員がよく聞いてきた質問に、「なんで日本人の女の子は目がああなの?」というものでした。

「ああって何?」と聞くと…

「目だけが見える」というものでした。

もう少し聞くと、アイメイクがたっぷりとしてあって、目だけ主張しているように見えるらしいのです。

目力(めぢから)的なメイクに違和感があるようです。

確かに、日本人と韓国人女性のメイクの仕方はちょっと違いがありますよね。

韓国人女性はのっぺりというか、さらーっとしたような感じのメイクですよね。

こんぶパンの感覚では、日本人女性は目、韓国人女性は肌に、よりがんばってる感を感じます。

他にも、女子部員が入部してくると、よく男子部員が話していたのは肌のことでした。

「あの子は肌がきれいじゃない」とか…(失礼な…)。

そんな経験から、かわいいとかの基準に韓国人男性は肌が、結構上位にあるんだと思いました。

じゃあ、「魅力」は「目力(매력)」ではなく「肌力」では…と思われるかもしれませんが…。

でも、やっぱりお目めぱっちり、二重も好きなんです。

ということは韓国人男性は、「肌がきれいでお目めぱっちりでナチュラルな感じ」の女性に「魅力」を感じるというとこでしょうか。

もう、どうでもよくなってきましたね。

魅力=目力(めりょく)(매력)が覚えられればそれでOKです。

あなた自身の魅力が一番!ということで。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-漢字の言葉

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン