動植物

日本語「タコ」→韓国語「無能(문어)」

タコは無能(문어)?

日本語で「タコ」は韓国語で「無能(문어)」です。

くねくねしてて、何だか頭悪そうだから無能(문어)です。

発音は短く、「むの」というと自然です。

でも、調べてみるとタコって頭がとってもいいらしいです!

無能と思っていたのは、間違いのようです。

しかも、韓国語では漢字で書くと「文魚」と書いて「むの(문어)」と言うようです。

タコは無能ではないと昔の人は知っていたのかも?

※発音「문어[ムノ]」。

日本のタコは韓国ではタコじゃない!?

こんぶパンが最初に覚えたタコは上に書いた「むの(문어)」でした。

ところが!

ある日、韓国でタコ料理が出たので「むの(문어)」と言うと、韓国人の友だちは…

これは「むの(문어)」じゃない!というのです。

タコじゃなければ何??と思うと…

「ナッチ(낙지)」…。

何それ?と思いましたが、

韓国では、「むの(문어)」と呼ばれるタコと、「ナッチ(낙지)」と呼ばれるタコがいます。

日本では両方タコですが…

「むの(문어)」は頭が大きくて、全体的にも大きいです。

日本のスーパーにゆでだことして売れているものや、タコ焼きに入れるのは「むの(문어)」です。

「ナッチ(낙지)」は頭は小さく足が長くて、全体的に小さいです。

韓国では、食卓によく出てくるのは「ナッチ(낙지)」の方で、炒め物によく使います。

そのため、スーパーでよく売れているのも「ナッチ(낙지)」です。

こんぶパンが韓国でタコ焼きを作ってあげるとき、「むの(문어)」がいるんだけどといいながら「ナッチ(낙지)」をスーパーで手にとると…

韓国人の友達からは「それ、むの(문어)じゃないよ!いいの?!」といつも聞かれます。

両方タコだし…と思いながらいつも作ってます。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-動植物

© 2020 語呂で覚える韓国語 こんぶパン