薬局のおじいさん

今日は眼科に行ってきました。

眼科=안과(アンクァ)

こんぶパンは季節の変わり目になると、目がかゆくなります。

薬局で処方箋を出して待っていると、薬剤師のおじいさん(60~70代?)がこんぶパンの名前を呼び、日本語で説明され出しました。

処方箋の名前が英語だったので、何も喋らなくても日本人とわかったようです。

目薬の箱に漢字も書きながら説明してくれました。

すごく緊張した震えた声でした。

こんな時、こんぶパンは韓国語は使いません。

わからないふりをする時もあります。

振り絞るような声で、何度も「一日3回、いち、に(2滴という意味)」と説明してくれ、その声にとても感動しました。

昔は日本語で話しかけられる、こんな場面が好きではありませんでした。でも今は感動する自分に驚きます。

言葉とは何が一番大切なのか、教えられているからなのだと思います。

韓国語を勉強している人で、自信がなくてなかなか喋れない人もいると思いますが、その韓国語は誰のものでもありません。あなただけが喋れる、あなただけの言葉です。

自信を持って喋ってみてくださいね。

こんぶパン

インスタグラムも見に来てね♡

-

© 2022 語呂で覚える韓国語 こんぶパン